トップページ > 全国の里を満たすプロジェクト「FULL-SATO」-松崎町と歌を育てる-

全国の里を満たすプロジェクト「FULL-SATO」-松崎町と歌を育てる-

 「FULL-SATO」は常葉大学造形学部教員と文化芸術アソシエイツである曽根妙子氏と水野梨奈子氏が中心となり、複数年度にわたり「松崎町のうた」を作り上げていくというプロジェクトです。

 作曲家の相澤洋正氏に松崎町の自然や風土からインスピレーションを受けた曲を作曲してもらい、その後松崎町の皆様から歌詞を募集し、「松崎町のうた」を育てていきます。今回のイベントではまだ歌詞のない、曲だけの「松崎町のうた」を披露いたします。

 また、同学部助教であり、映像アーティストの垂見幸哉によるプロジェクションマッピングも実施されます。歴史と伝統が織りなす長八美術館のたたずまいを最先端の感覚でアレンジし、松崎町の新たな風景を作り出します。

 私達はこうした活動を継続的に実施していくことを踏まえ、文化芸術が地域社会に活力をもたらすための拠点づくりを模索しています。

 来年は松崎町の皆様から広く歌詞を募集することを検討しています。曲に乗せられた歌詞をソプラノ歌手である曽根氏が歌い、その音声を記録に残していきます。これらのデータは本プロジェクトウェブサイト上にアップしていく予定です。作詞にあたり、相澤氏によるレクチャー、作詞講座等のワークショップを行い、どのように詩を生み出していくのかについての導入を行うことも考えています。

▶︎ 再生
■ 停止

「松崎町のうた」

 本プロジェクトタイトルの「FULL – SATO」には、全国に遍在する美しい里を文化で満たしていくというイメージが込められています。またそれと同時に松崎町全体が里山としての原風景によって満たされた町であることを表しています。この町に住む人々の想い、またこの町を訪れる人々のそれぞれの視点からの印象が言葉となり、松崎町だけの歌が紡ぎ出されていきます。

文化庁委託 文化芸術創造発信プログラム

プロジェクトコーディネーター

常葉大学造形学部 准教授 山本浩二

同助教 垂見幸哉

A project to enrich towns throughout the country

FULL - SATO

—Develop Matsuzaki-town and a song—

FULL-SATO is a project headed by Taeko SONE and Rinako MIZUNO, teaching staff of the Faculty of Art & Design, Tokoha Gakuen University as well as Culture and Art Associates, to develop the Song for Matsuzaki-town for several years.

To develop the Song for Matsuzaki-town, we first requested the composer Hiromasa AIZAWA to compose a song inspired by the nature and culture of Matsuzaki-town. We will ask the residents of the town to write a lyric for the song. In this event, we would like to present the "Song for Matsuzaki-town" without a lyric.

Koya TARUMI, assistant professor of the same faculty and visual artist, will also present project mapping, in which the history and tradition represented by Chouhachi Museum are arranged in a state-of-the-art manner to create a new landscape of Matsuzaki-town. The event to be held on December 9 will feature the collaboration between Taeko SONE's song and Tokyo University of the Arts and a video produced by the students of the Faculty of Art & Design, Tokoha Gakuen University.

Based on our continuous engagement with these activities, we seek to establish a foundation for culture and arts to energize local communities.

We are planning to ask the people of Matsuzaki-town to write lyrics for the song next year. The soprano singer SONE will sing the lyrics selected for the song and it will be recorded. The complete song will be uploaded to this project's website. We are also considering the holdings of workshops such as lectures and songwriting courses by AIZAWA to introduce how to produce a poem.

The title of this project FULL–SATO represents beautiful country towns full of culture throughout the country. At the same time, it also represents Matsuzaki-town as a whole, as a town with an unspoilt landscape of mountains. The sentiment of the residents of the town and the impression received by visitors are expressed in words to create a Matsuzaki-town-specific song.

Agency for Cultural Affairs Human Resource Development Project for Culture and Arts Associates Creation Outgoing Program
Project Coordinator
Koji YAMAMOTO, Associate Professor at the Faculty of Art & Design, Tokoha Gakuen University
Yukiya TARUMI, Assistant Professor

同時開催

常葉大学造形学部とタイのシラパコーン大学の学生達が松崎町で取材し、制作した絵本展も伊豆文邸で開催されています。(12/8〜12/28)

静岡新聞のウエブ記事

http://www.at-s.com/sp/news/article/local/east/411140.html

相澤洋正オフィシャルブログ

http://hiro-aizawa.jugem.jp

曽根妙子オフィシャルメディア

http://taeko-sone.info

動画

お知らせ・ニュース