トップページ > グローカル芸術拠テン(点と展)in Shizuoka

グローカル芸術拠テン(点と展)in Shizuoka

 日本、タイ、韓国の美術系大学教員と若手作家による国際芸術展「グローカル芸術拠テン(点と展)in Shizuoka」が、静岡市清水文化会館マリナートにて開催されました。この展覧会は文化庁委託による全国芸術系大学コンソーシアムに参画する常葉大学造形学部が企画しています。出展者は常葉大学教員、卒業生、在学生と提携大学であるタイのシラパコーン大学、バンコク大学、韓国のチェジュ大学校、提携大学以外ではタイのチェンマイ大学、韓国のホンイク大学校の教員で、絵画、彫刻やデザイン、工芸、映像、建築など幅広いジャンルの作品が展示されました。

 Glocal Art and Design Exhibition: Japan, Thailand and South Korea, an international art exhibition of works by art school faculty members and young artists, was held in Shizuoka City Shimizu Cultural Hall. This exhibition is organized by the Faculty of Art and Design, Tokoha University, a member of JUCA (Japan University Consortium for Arts) commissioned by the Agency for Cultural Affairs. The exhibitors include the faculty members, graduates, and students of Tokoha University, and the faculty members of its affiliated universities, namely Silpakorn University and Bangkok University in Thailand, and Jeju University in South Korea, as well as non-affiliated universities, Chiangmai University in Thailand and Hongik University in Korea, who exhibited works of a wide range of genres including painting, sculpture, design, crafting, visual art, and architecture.

 展覧会初日にはギャラリートークと国際シンポジウムが開かれ、海外教員による常葉大学でのセミナーも開催されました。  タイトルのグローカルとは、国際的な視野(Global)を持って地域(Local)で活動することを示す言葉です。私たちは静岡の地でその活動のための拠点作りを模索しています。

  On the first day of the exhibition, gallery talks, international symposiums, and seminars by overseas faculty members of Tokoha University were also held.  The term 'Glocal' in the title represents our 'Local’ activities conducted with a ‘Global’ perspective. We seek to create a base for the activities in Shizuoka.

お知らせ・ニュース